Non-VOCインキ

資源を守り有害物質を排除した人と地球にやさしいインキです。
水なし「Non-VOC」インキは久栄社ではじめて実用化しました。

植物性油「植物油インキ」

印刷インキには石油系の鉱物油が含まれておりますが、この一部を植物性油に替えたのが植物油インキです。植物性のため、有機化合物の大気中への揮発が少なく、また用紙を再生する際の脱色に適しております。更に人的な生産が可能で、鉱物油と異なり永続的な供給が可能です。植物油インキを採用した印刷物には右記のロゴマークを入れることができます。かつては「大豆油インキ」と呼ばれ、星条旗を模したマークでしたが、食用の大豆を工業製品に使用することの倫理性もあり、現在では食用ではない多様な植物の油も使用され、名称とマークが変更されました。

植物油インキマーク
植物油インキマーク

VOCゼロの「Non-VOCインキ」

植物油インキとはいえ、油成分中の含有率は40%~60%です。これを100%に高めたものがノンVOCインキです。ここで言うVOCとは揮発性有機溶剤を含む鉱物油インキのことで、これを製造過程で含有させないものをノンVOCインキと言っております。2002年に水なし印刷専用のノンVOCインキを久栄社とサカタインクス(株)と共同で開発し実用化いたしました。このインキを使用した印刷物には右記のロゴマークを入れることができます。
※右記のNon-VOCマークは当社でデザインし、サカタインクスで商標登録したものです。

Non-VOCインキマーク
Non-VOCインキマーク(単独使用と併用使用)

水洗浄性Non-VOCインキ「W2インキ」

Non-VOCインキとはいえ、インキ洗浄時の洗浄液にはVOCが含有こくされています。W2インキは"Water Washable"の略で、水溶性の、水なし印刷用インキで、VOCを含まない専用の水性洗浄液を使用することができます。このため、工場内からのVOCと有害な廃液を大幅に削減することができる環境対応印刷では、最高峰の理想的なインキです。
このインキを使用した印刷物には右記のロゴマークを入れることができます。

W2インキマーク
W2インキマーク

国産の米ぬかから作る「ライスインキ」

大豆などの農産物がバイオ燃料等へ転用される動きや、世界規模でのCO2削減の課題などにより、印刷に使用する「インキ」にもより一層の環境対応が求められるようになりました。そこで、輸送マイレージ低減、地産地消の推進、食物の確保、廃棄物削減など多くの利点を有するインキとして開発されたのが、米ぬか油を植物油に使用した「ライスインキ」です。
このインキを使用した印刷物には右記のロゴマークを入れることができます。
※ライスインキは、鉱物油も含有し、Non-VOCインキではありません。

ライスインキマーク
ライスインキマーク

お問い合わせ

環境対応印刷についてのお問い合わせを入力フォーム、電話にて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

株式会社久栄社 環境推進課
TEL:03-3552-7571(受付時間 9:00~17:30)

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

| 会社概要 | 事業概要 | 水なし印刷 | FSC認証紙 | カーボンオフセット | カーボンフットプリント | 採用情報 |
| お問い合わせ | 各種資料ダウンロード | FTPサービス | サイトマップ | 個人情報保護方針 |