沿革

1930年3月 田畠久男により、東京都中央区湊町に久栄社印刷所を創立。
1958年12月 第28回アメリカ旅行業者協会(ASTS)主催(ニューヨーク市)の全世界観光ポスターコンクールで最優秀賞受賞。
1975年1月 田畠久男社長他界。永年に亘る印刷界への功績により勲五等瑞宝章を授与される。田畠一弥が社長に就任。
1986年5月 業界に先がけて水なし平版印刷を開始。
1987年11月 本社ビル(地上9階地下1階)竣工。
1991年12月 社名を株式会社久栄社と改め、併せてコミュニケーション・ネーム KIC(Kyueisha Intelligent Creation)とする。
1998年1月 品質自動補正装置付菊全版4色印刷機(Heidelberg CD102)を導入。品質保証への数値的バックアップを得る。また、この印刷機の入れ替えにより、全台水なし印刷となる。
1999年4月 千葉工場でプロセス4色のインキ全てを大豆油インキに変更。水なし印刷に加え、より一層の環境対応型企業となる。
1999年12月 米国大豆油協会に加盟。より一層の植物油インキの普及活動に取組み、そのマークの使用を認可される。
1999年12月 千葉第一工場、第二工場がISO9002を認証を取得。当社の生産品質に国際的な品質基準の認証を得る。
2000年11月 日本企業として初めて、米国の水なし印刷協会(Waterless Printing Association)に加盟。環境対応印刷としての水なし印刷のパイオニア的企業として、より一層の普及活動に力を入れ、そのマークであるバタフライマークの使用を認可される。
2001年11月 千葉工場に三浦鐵工所製の紙積みロボットミューパイルジョガーを導入。紙積み作業の大幅な効率化を実現。
2002年2月 田畠一弥が代表取締役会長に就任し、代わって田畠久義が代表取締役社長に就任。
2002年4月 日本で初めて、水なし印刷専用の油成分植物油100%のインキ(Non-VOCインキ)をサカタインクスと共同で開発。大豆油インキより一歩進んだ環境対応型インキとして、その普及に努める。
2002年5月 千葉工場に三菱重工製の四六半裁4色機New DAIYA204を導入。数々の新機能を有したNew DAIYAシリーズの四六サイズ機としては、三菱重工初の1号機での納入となる。
2002年5月 アメリカに本部を置くWPA(水なし印刷協会)の日本支部が発足。日本WPA(WPA-Japan)として活動を開始する。当社社長も理事として、積極的に活動に参加。
2002年6月 既に認証取得しているISO9002:1994の認証を、より「顧客重視」や「マネージメント性」を高めたISO9001:2000に移行し、認証登録される。(2011年2月に認証は自主返上)
2002年7月 1996年に設立された「グリーン購入ネットワーク」に参加し、GPN会員となる。当社自身の購入物についても自主的かつ積極的に「グリーン購入」を推進する。
2002年9月 世界的な森林減少・劣化の解消を目的として設立されたFSC(森林管理協議会)の森林管理認証制度のCOC認証〔Chain-Of-Custody:生産物認証〕を印刷会社としては日本で3社めに認証取得する。
2002年11月 千葉第一工場に印刷フィルムを介さずデータから直接刷版を出力する四六全版用CTPシステムを導入。品質精度のアップと短納期化を実現し、同時にフィルム制作工程の省略による環境負荷の低減を実現した。
2003年4月 千葉第一工場(印刷)、千葉第二工場(加工)が環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得。環境対応印刷のリーディングカンパニーである当社の環境マネジメントに国際的な管理基準の認証を得る。(2017年5月に認証は自主返上)
2003年5月 27日~30日に東京ビッグサイトで行われた「2003NEW環境展」に初めて出展。環境対応印刷の宣伝と印刷物を通した環境への配慮推進を訴える。(以降、毎年参加)
2003年9月 平成15年度第2回印刷産業環境優良工場表彰において、千葉工場が会長賞を受賞。比較的小規模な工場ながらISO14001の取得に加え、各種環境対応印刷技術への突出した取り組みが高く評価された。
2003年11月 11日~13日に東京ビッグサイトで行われた環境展「エコプロダクツ」に初めて出展。環境対応印刷の宣伝と印刷物を通した環境への配慮推進を訴える。(以降、毎年参加)
2004年4月 製本されたものを封筒に入れるため、さらに折ってプレスする「仕上折り機」(正栄機械)を千葉工場に導入。IR関連印刷物に多い仕上折りの需要に応える。
2005年3月 国連環境計画(UNEP)の日本協会立ち上げに際し、UNEP下部組織でもあるNPO世界環境写真展に参画、UNEPの季刊誌「Our Planet」の日本語版の第1冊目を当社費用で印刷、「愛・地球博」の国連館で配布した。
2005年7月 環境に害を与える化学物質を可能な限り使用を制限する化学物質管理システム(CMS)について、世界的にも評価されているリコーグループのリコーグループ化学物質管理システム認証を取得した。当社の化学物質管理においても高い評価を得た。(2013年に認証の継続審査は中断)
2005年11月 当社会長の田畠一弥が長年の印刷業界への貢献を評価され、秋の叙勲において「旭日双光章」を受章。
2006年2月 千葉工場にハイデルベルグ社製の菊全版8色機SM102-8を導入。当社で初めての4+4色両面&8色ストレート兼用機となる。数々の新機能を有し、両面同時印刷による時代のニーズを反映した短納期及び高効率生産を実現する。
2006年3月 個人情報保護のプライバシー・マークを全社で認証取得。情報加工産業としてふさわしい管理体制を全社に構築。個人情報に限らず当社の預かる情報全般を適切に管理し、お客様に安心を提供。
2006年9月 千葉工場が、日印産連による第一回グリーンプリンティング工場に認定。同制度は、高レベルの環境保全工場に与えられる認証で、有効期限3年間の更新制。
2006年9月 子会社の(株)セントラルプロフィックスが、辰巳にサイン・ディスプレイ事業所を開設し、大判UVインクジェットプリンター(インカSP320)と大判カッティングプロッターを導入。紙メディアに縛られない多種多様な平面素材や厚さ30mmまでの立体素材にクリアな印刷が可能に。
2006年11月 受注印刷物の仕様変化に合わせ、千葉工場の三菱重工製の四六半裁4色機New DAIYA204を1ユニット加えて5色機に改造。改造は、工場内で1週間以内に行われた。
2006年12月 12月15日に行われた水なし印刷協会(日本WPA)の会合において、当社社長の田畠久義が水なし印刷協会の会長に就任した。
2007年4月 当社として初めて、環境報告書を発行。2006年度の環境に関する取組みを中心に環境保全活動を紹介。
2008年4月 子会社の(株)セントラルプロフィックスが、豊洲に新たに工場を新設。小森の四六全5色機を導入(3月)し、グループ内での設備強化を計る。更に当社でも2008年6月に小森の同型機を千葉工場に導入し、2社間での完全なカラーマネジメントの構築を目指す。
2008年5月 千葉工場に新たに三菱重工の菊全版反転兼用2色機(New DAIYA302R)を導入。環境対応印刷における単色刷りへの対応を強化。
2009年5月 2008年から(社)産業環境管理協会(JEMAI)の「製品グリーンパフォーマンス高度化推進事業」に参加し、印刷物のライフサイクルにおけるCO2排出量の算出方式を策定。産環協の指導の下、ライフサイクルアセスメントによるカーボンフットプリントを完成させ、CO2排出量算出サービスを始める。
同時に(社)日本カーボンオフセット(COJ)と提携することにより、印刷物における1トン単位でのCO2排出権のオフセット取引を開始。グリーン電力証書による電力量のオフセットサービスも合わせて開始した。
2010年3月 千葉工場に続いて、本社部門が日本印刷産業連合会のグリーンプリンティング認定工場に認定された。これにより、当社で印刷した印刷物には、最高ランクであるGPマークの3スターが入る。
2013年3月 EVI(Eco Value Interchange)推進協議会に参加し、国連環境計画(UNEP)の機関誌「TUNZA」で、環境省の国内クレジット「J-VER」によるオフセットを実行した。
2014年3月 3月4日に東京国際フォーラムで開催した環境省主催のカーボン・マーケットEXPO2014に出展した。カーボンオフセット、カーボンフットプリントを中心に水なし印刷を通した地球温暖化対策の取り組みを紹介した。
2014年5月 千葉工場にLED UVによる速乾性の小森製A全5色印刷機を導入。省エネとともに生産効率化を実現する。
2015年11月 第45回「日本プロモーショナル・マーケティング協会展」にて当社製作の「進撃の巨人」劇場用スタンディが、[出版・エンターティメント]部門で金賞を受賞。
2016年3月 全日本印刷工業組合連合会の環境推進工場登録制度において、千葉工場が「環境推進工場」に登録された。この制度は要求50項目のうち必須項目を含め70%以上の達成率が条件だが、当工場は、100%の達成率で登録された。
2016年11月 第46回「日本プロモーショナル・マーケティング協会展」にて当社製作の「あやしい彼女」劇場用スタンディが、[出版・エンターティメント]部門で2年連続金賞を受賞。
2017年2月 田畠義之が代表取締役社長に就任。田畠久義は会長に就任。
2017年5月 企画制作室 AdPENTAをセントラルプロフィックスより移転・統合。
2017年6月 千葉工場をセントラルプロフィックスへ移転・統合。
2017年6月 グループ事業再構築に伴い、企業グループ名をK&C GROUPとし、業務提携を具体化する。

ページの先頭へ戻る